TOPカタログ(開発商品)>ノルトロック Xシリーズワッシャー

ノルトロック Xシリーズワッシャー

イケキンはノルトロックジャパンと契約した正規取扱店です。

ノルトロック Xシリーズ
回転緩み

自発的に緩み回転を引き起こします。

主な原因

振動
変動荷重
振動や変動荷重は、締結されたボルトに絶えず外的な負荷をかけ、やがてボルトの戻り回転を引き起こし、軸力を低下させてしまいます。

非回転緩み

戻り回転を引き起こさずに、締結力が落ちています。

主な原因

金属などのなじみ
ボルトを締結し始めてから最初の数時間内で、材料同士が接触し圧力をかけあいます。通常どのような材料にも存在する表面の凸凹がお互いに馴染む事で軸力を低下させます。

被締結材のリラクゼーション
柔らかい金属やコンポジット・ポリマーなどの特定材料は締結すると、時間が経つことで反発力を失い、軸力を低下させることがあります。

ノルトロック Xシリーズはこの両方を同時に解決します!

コンポジット・ポリマー

コンポジット・ポリマー等の材料は、金属よりも柔らかいことでボルトの非回転緩みが生じ、製品の安全性に関わる大きな問題となります。さらに振動や変動荷重が掛かる状況では回転緩みも防止する必要があり、ノルトロック Xシリーズのウェッジロッキグ機能とスプリング効果の技術とスプリング効果の技術がその両方の問題を解決します。

ガスケットの締結

ガスケットの締結部分は締結完了後、初期の段階でリラクゼーションが始まります。このような締結部分では温度変化や材料の柔らかさ、振動によって軸力が低下し、オイル等の漏れの原因になり、状況を悪化させます。ノルトロック Xシリーズはガスケットのリラクゼーションだけでなく、振動等の他の要因にも対応します。

複数材の締結

複数の被締結材を挟んで固定するボルト締結は、非回転緩みのリスクが大きくなります。なじみが発生する箇所が増え、さらに複数の材料の表面でリラクゼーションが発生し、温度の変化や振動によってボルト締結は危険にさらされます。ノルトロック Xシリーズはそんな複数の要因を一度に解決します。

温度変化

ほとんどの材料は高い温度により膨張します。よってボルトも被締結材も、温度が上がったり下がったりするとガスケットのように非回転緩みが発生します。ノルトロック Xシリーズスのプリング効果は温度変化による軸力低下も補うことが可能です。
(締結.jpにリンクされます)
※ノーマルタイプとXシリーズの比較試験
(PDF/349KB)