TOP製品一覧>スーパーボルト 実績と事例

スーパーボルト 実績と事例

イケキンはノルトロックジャパンと契約した正規取扱店です。
実績と事例
ガスコンプレッション(ガス圧縮機)
取り付け事例 : ピストンクロスヘッド止めナット、カウンターウェイトクロスヘッド止めナット、カップリング、接続用ロッドナット、ディスタンスピース、エンドプレート、コンプレッサーのシリンダー、ドッグハウスボルト締め、ピストン先端ナット、バルブジャックボルト等。
この往復圧縮機のディスタンスピースのように、当社の製品は限られたスペースでの用途でも取り付けることができます。高トルク要件でも一般工具で作業が可能です。
スーパーボルトの使用で、ピストン取り付けが容易になりました。取り付けおよび取り外しには、一般工具のみで作業が可能です。長年にわたり、この複雑な構造をしたピストンコンプレッサーの安全と信頼性を確保しています
遠心コンプレッサーの2インチサイズ(50.8mm)のボルトを42本、スーパーボルトを用いて2人で作業を行い、たった2時間半で締結作業を完了しました。従来の方法では、1人の作業者が8時間作業を行い、3回シフト交代で作業を行っていました。
石油・ガス・石油化学
取り付け事例 :トップドライブ、フレームタワー、防噴装置、泥ポンプ、破砕ポンプ、化学反応装置のカバー、熱交換器ヘッド、タービン制御弁、タービンジョイント、パイプフランジ、アンカーボルト、カップリング等。
2500馬力の定格、および1215kNのロッドへの負荷条件で、このWeir SPM Destiny(TM)社のポンプはスーパーボルトを採用し、現場にて安全かつ簡単にボルト締結を可能にしました。必要なのは一般工具だけです。
特注品のスーパーボルトを石油・ガス業界のニーズに合わせて開発しました。高硬度ワッシャーはナットボディにはめ込み式になっており、ワッシャーの損失を防ぎ、上昇管の繋ぎ目で使用しています。また厳しい条件に対処するため防食加工されています。
11インチサイズ(279.4mm)スタッド付き大型メタノール反応炉。2日間の油圧テンショナー作業時間が、スーパーボルトにより6時間に大幅短縮。
掘削
取り付け事例 :ブームのポイント、リングギア、サイドフレーム、ホイストのモーターと台座、引き綱、ピニオンギア、ドラムのロープ引き上げ・スプリットギア、ボルトで固定されたセグメント、掘削機ベアリングキャップ等。
この粉砕機でのボルト締めの課題として、限られたスペースと極端な作業時間制限がありました。この場合スーパーボルトは理想的なソリューションです。わずか58Nmのトルクで作業が完結します。一方、標準の六角ボルトに必要とされるトルクは2915Nmです。手で握れる小さなトルクレンチが使用可能となることで、従来のボルト締結方法よりも遥かに安全でより正確になりました。
大型パワーショベルの多くのボルトは、重要な役割を担っています。スーパーボルトは世界中の同様の機械に広範囲に用いられています。写真は、リングギア上のMTテンショナーです。
ホイスト・ドラムでは、1906kNという高い軸力が必要とされますが、各ジャックボルトに要求されるトルクはたった316Nmです。スーパーボルトから生まれたさらなる柔軟性がボルト締結に弾性力を倍増させました。
プレス機器
取り付け事例 :プレスコラム、タイロッド、ベアリングブロック、高圧配管、ダイカスト、シリンダーラムボルト締め、アンカーボルト等。
世界最大のボルト式テンショナー直径28インチ×長さ40インチ(711.2mm、12.2m)。これは、大型油圧鍛造プレスに使用されています。
従来行っていた加熱法での締結には、2日半要していましたが、8つのスーパーボルトカラムナットの取り付けには、わずか1人の作業で12時間で締結完了しました。
スプリット・ナットスラストカラーはスーパーボルト特注設計で、ナットボディが二つに割れています。大型プレスコラムの大型ねじ山に取り付けおよび取り外しが遥かに簡単です。
発電機器
取り付け事例 :タービンカップリング、ロッド、ドア、インレットフランジ、ボイラーサーキットポンプのメインフランジ、ボイラー給水ポンプヘッド、バレルケーシング、ブレードボルト、タービンホイールとシャフトボルト締め、水圧タービンノズル、サーボピストンナット、ベアリングハウジング等。
風力タービンのギアボックスのフランジカップリング。スーパーボルトとエクスパンションボルトの技術が、巨大なトルクを出す代わりに採用されました。このソリューションは、お客様の要望でもあり、小型化・軽量化にも成功しました。
この揚水施設でのフランシス水車のポンプ発電機のシャフトカップリングに、スーパーボルトのエクスパンションボルトが使用されています。
スーパーボルトにより、限られた空間内での締結作業が可能です。このフランシス水車の水車羽根は定期的なメンテナンスが必要ですが、MJTの採用によってシャフトの取り付け、取り外し作業が簡易になり、管理が可能になりました。
鉄鋼機器
取り付け事例 :スラストカラー、カップリングボルト、タイロッドナット、アンカーボルト、ミルモーター、ベアリング、シャフトマウント、ロールテーブル、BOFとEAFアプリケーション、コイラー、油圧シリンダー、クレーン、スリッターナイフ、ユニバーサルジョイント、バックアップロール軸受、ロール軸受、パイプミル等。
ベアリング止めとして、スーパーボルトのスラストカラーは従来の方法に比べて、より高い軸力を発生させる事を可能にしました。そのため大きな外力をも吸収することができます。ロールネックがしっかりと固定されることで、スムーズに稼働します。
スーパーボルトのミルモーターナットは特殊なジャムナットで、ブレーキ車輪、カップリング、プーリーをミルモーターへ締結・固定するように設計されています。これらは、自動車メーカー純正のナットと交換が可能です。
電炉電極アームの締結部。 MJTを使用して、電極アームに作用する大きな振動に耐えられるよう高軸力で締結しています。
商品ページ 製品ガイド 型式・パーツ番号の見方
(PDF)/559 KB