TOP>採用情報

採用情報

自分のスタイルを持つという事
仕事を通じて成長したいから
自ら大きな目標を掲げて、それに挑戦する社員がいる。

商品の前に「自分という人間そのもの」を信頼してもらうことを
モットーとしている社員がいる。

難しい仕事に情熱を燃やす社員がいる。

「こうしなさい」とは言わない。型にはめようとも思わない。
プロセスは社員一人ひとりが自由に考える。
イケキンでは全員が自分の個性を生かし、
自分のスタイルで仕事に取り組んでいる。
そして、一人ひとりの総和が大きな力となる。

仕事は単なるお金を稼ぐ手段だとは思わない。
自分の行動がお客様のためになり、ひいては社会全体のためになる。
そう実感できることは何ごとにもかえがたい喜びだ。
仕事を通じてさまざまな経験をし、そして成長する。

それが仕事ではないだろうか。
自分を押し殺して、言われた通りにやるだけでは・・・、つまらない。
ビジネス創造マーケティング企業・イケキン

「ビジネスを創造する」姿勢。
これが会社としてのイケキン・スタイル。

商社無用論があちこちで語られている。
ある意味では正しい。
生き残れる商社と、そうでない商社の選別が、
既に始まっているからだ。

商品を右から左へ流すだけの従来型商社は淘汰されている。
一方イケキンが早くから経営戦略として打ち出しているのが、
ビジネス創造マーケティング企業というコンセプトだ。

これはお客様のニーズや課題をすばやく的確に把握し、
あらゆる情報やノウハウを駆使して商品・サービスの企画提案を行い、
解決していく。
そしてモノの物流だけにとどまらず、時には生産や販売促進面までも
トータルにオーガナイズする開発型企業としてビジネスに取り組んでいる。

私たちイケキンは、お客様に満足していただくために何ができるかを常に
考えながら働いている。
このビジネスを創造する姿勢こそが、多くのビジネスチャンスを生み、
淘汰の波を乗り越えてゆく武器となる。
だからこそ社会は有用な企業として生かすのだ。

頭もからだも汗をかく
「考え、行動する」
イケキンの基本

工業用ファスナー(ねじ、ボルト、ナットなどのあらゆる締結部品)は
膨大な種類にのぼる。
イケキンの営業マンはこれらの商品知識はもちろん、新製品情報や技術動向、需要動向、さらには経済や社会全体にいたるまで幅広い知識とノウハウを有し、それらをベースにしてお客様に最適なサービスを企画提案しなければならない。その結果として商品がついてくる。単なるご用聞きではないことは、言うに及ばない。

しかし、実際は机上の仕事だけではない。時には重い荷物を運んだり、油にまみれて作業することもある。ここでハッキリ言っておくと、汗をかくのを嫌う営業マンはいらない。イケキンの営業マンはこうした仕事をいとわない。なぜなら、お客様の喜ぶ笑顔が見たいから・・・。
日本のモノづくりを支えるねじ
そして私たちはこの商いを誇りに思う。

工業用ファスナーは、つなぐ、締める、結ぶ、止める---コンピュータのような電子部品から、クレーンのような超大型機械、クルマ、AV機器、さらには原子炉などありとあらゆる機械部品はこれら工業用ファスナーの「塊」なのである。

ねじ1本のために故障したり、時には人命に関わることも起こり得る。それほどベーシックな部品なのだ。
日本が高品質の製品を生産し、経済発展を果たしてきた影にはこうした精度の高い部品の存在が非常に大きい。その意味でイケキンはこの半世紀日本のモノづくりを支えてきたと言っても過言ではない。そんな使命を持ってイケキンの社員は頑張っている。

そしてこの頑張りを誇りに思う。
▲ページトップへ戻る