『情報発信基地』イケキンR&Dセンター

diary

2020年10月にリニューアルオープンしたショールーム『イケキンR&Dセンター』。

社内の様子はこちらから

新型コロナの話が出始めたころにプロジェクトチームを組んでスタート。

元々、この場所は、展示ルーム兼試験室だったのですが、

職場環境改善のため、隣にある作業室とトイレの改装を行うことがきっかけで、

当時の社長(現会長)より、商品部 部長、私(SNB)に改装するよう指示が出ました。

最初はどこから手を付けて分からず、先ずはメンバー募集からスタート。

メンバーは、我々40代後半の男性社員と20代の情勢社員で構成。

メンバーで、この部屋をどんな風にしたいか、コンセプトを決めて役員会でプレゼン。

役員の許可が出て、社員向けに発表して進めました。

イケキンR&Dセンターのコンセプトは、『高付加価値な仕事を創造する空間』

お客様や社員が集まり、未来を創造する空間を創るということでスタートしました。

内装のイメージを固めるために、お取引様のオフィス見学、

イケキン本社から歩いて視察できるカフェ、美容室、服屋さん、家具屋さん巡りしてイメージを膨らませました。

内装は、おじさんの意見は排除して、20代女性の意見を取り入れて壁紙、床、家具を選び。

自分達でできることは、自分達で行うということで、(コストダウン目的もありましたが…)

部屋の壁を壊す、床を剥がすなどの解体作業は、社員みんな(新入社員から役員まで)で、

手や背中が痛いなどワイワイ言いながら行いました。(インスタで解体作業アップしてます)

この頃、新型コロナ影響で食事会など、社員が集まるイベントが無くなり、

社員が少しバラバラな感じでしたが、この活動で話する機会が増えて一体感が出た気がします。

壁紙、床、建具の色、照明など内装は、

ショールーム、家具屋さんにも何度も足を運んで、なかなか決めきれず苦労したのが懐かしいです。

コロナ禍、移動ができない状況が続きますが、

この状況が落ち着いたら、イケキンR&Dセンターへお越しくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました